効果的な風評被害対策とは!?理由を付けて解説!

弁護士の口から削除依頼を行ってもらう

風評被害の中にはグレーゾーンと呼ばれる、人の価値観の違いによって判断が難しい内容もありますよね。実際に書き込んだ方や、運営会社によっては、各々価値判断で削除依頼に応じず、勝手な解釈を行っている方もいます。弁護士と言うのは、一般の方が知らない多くの専門知識を持ち合わせている物であり、討論を行えば相手を破る手腕を多く持ち合わせている物ですよ。たとえ、法律上は判断が難しい内容であろうとも、弁護士の方とまともにやりあっては敵わないと思い、直ぐに応じてくれる可能性がありますよね。基本的には、書き込んだ方と言うのは、優越感を得て快感に陥っている可能性があり、不愉快さを与える事によって罪悪感から応じてくれる可能性もあります。

損害賠償と言う言葉を使って削除依頼をする

風評被害を書き込む媒体の多くは、無料で提供されている掲示板やブログなどの無料サービスを利用しての行ないですよね。ここで、金銭的な支払い義務が生じてしまう可能性があると分かれば、一日中その事で頭が一杯になってしまうかもしれませんよ。認められるかどうかは別としまして、訴える慰謝料における金額の上限はありません。つまり、少しの被害であろうとも、一億円の慰謝料を訴える事も可能であるため、到底払えないと思われるほどの損害賠償と言う言葉を使うと、直ぐに削除してもらえる可能性を高める事が可能です。

発想を変えて逆seo対策で

不評被害の中には、検索エンジンの検索窓近くに、よく利用されるキーワードとして表示される事もありますよね。そのキワードをクリックして見る人が多く現れる可能性もあり、逆に考えれば、多くの人を集めるには効果を得る事が可能です。逆seo対策を行ない、不評被害を乗り切っている実はこの様な素晴らしいサービスと言うように良いイメージを与えるページを作成すれば、良い印象を多くの方に伝える事が可能になります。逆seo対策は、競合となるサイトが無く、又、そのキーワードでseo対策している人もいないため、直ぐに検索エンジンにおけるトップを狙う事が可能になりますよ。

誹謗中傷対策はノウハウが豊富なプロに依頼することで迅速な対応によって継続的な被害を防ぐことが出来ます。