分譲よりも賃貸の方が安心!?賃貸と分譲の比較

賃貸と分譲のお金の問題

賃貸で暮らし続けるか、それとも分譲マンションを購入するか、悩んでいる人も多いでしょう。また賃貸が良いか分譲が良いかということは、雑誌や情報誌などでもしばしば俎上に上がるものであり、議論の余地が大いに残されている分野です。実際、賃貸と分譲は特にお金の面で違いがあります。賃貸の場合、家賃を払い続けなければいけませんが、分譲の場合はローンなので、いつかは支払い終わるものですよね。こうして考え見ると、分譲よりも賃貸の方がお得なようにも感じます。

分譲であっても支払いは続く

しかし、分譲であってもローンの支払い完了によって、それ以降なにもお金がかからないわけではありません。分譲であっても、たとえば修繕積立費などで定期的にお金を払っていかなければいけませんし、また固定資産税などの税金も毎年納めなければいけません。分譲ならば資産を保有することはできますが、資産価値というのは大いに変動するものであり、下落することもあるものです。そう考えると、分譲で資産を持っていても必ずしも安心というわけではないのです。

賃貸の方がお得なのか

分譲の場合、自分で保有しているわけですから、部屋のレイアウトやリフォームなども自由にすることができますよね。いっぽう賃貸だと、大家さんの許可なしには滅多なことはできないものです。といって、リフォームするのにもお金がかかるものですし、賃貸の場合は部屋が気に入らなくなれば引越せば良いですよね。最近では、分譲に住んでいた人もわざわざ賃貸に住み替える人も多くなってきています。病院が多いところに住みたいとか、老後はコンパクトな賃貸物件に住みたいなど、賃貸物件の良さが見直されてきているんですね。

賃貸管理システムの正しい選び方は作業を効率化できるように内容を比較し、経費を削減できる方法を探す方法が望ましいです。