LINEクリエイターズスタンプの制作にチャレンジしよう!

コンセプトを決めよう

LINEスタンプには1セット最大40個の画像を使用できます。その40個の振り分け方をまず考えましょう。ウェブ上で趣味のイラスト、マンガを掲載している方であれば、自作のキャラクターを複数持っているかと思われます。それを流用するなら1つのスタンプに関連性を持つ2人のキャラクターで20個づつといった割り振りをしたり、画像が沢山あれば1キャラクター1セットなんて贅沢なこともできます。そして画像にマッチしたシーン、感情表現を考えていきます。逆にキャラクターそのものから作る場合は、先に挨拶や感情表現といったパターンを考えてからそれにマッチした絵を描いていくことになります。

オリジナルキャラクターの難しさ

もしも一からイラストを作成する場合、いわゆるキャラクターデザインと呼ばれる作業を行うことになります。普通の人間だったり、ゆるキャラ風だったり、丸と棒のシュール系だったり。ここで難しいのがオリジナリティを出すことです。世の中には沢山のキャラクターが溢れています。プロのデザイナーですら意図せずに既に存在するキャラクターに似たものを作ってしまうこともあります。ましてLINEスタンプのために始めてのキャラクターデザインをしようという方では意図しなくてもどこかで見たようなキャラクターになることなんて珍しくありません。LINEクリエイターズスタンプには既に素人デザインのキャラクターが溢れています。それらに被らないように新しいものを生み出すのは至難の業ですが、とにかく色々なものを観察したり、組み合わせたりと試行錯誤の部分です。

画像の制作はガイドラインに従って

キャラクターが出来上がったら最初のプランにあわせて感情表現や挨拶といったスタンプの個々の画像を作成します。が、そのまえにちゃんとLINE公式の制作ガイドラインを確認しましょう。特にスタンプ画像のフルカラーPNGフォーマット、最大サイズ、透過背景には要注意です。もしもグラフィックに詳しい友人がいれば教えてもらうのが一番です。特にガイドラインの用件を満たせるファイルを出力できるペイントソフトが無ければ始まりません。幸い用件のフォーマットはメジャーなもので、扱える無料のペイントソフトも沢山ありますので自分の手に合ったものを探してみてください。完成し、販売開始まで漕ぎ着けたならあとはいかに人の目に触れるようにするかです。LINE公式の新着はすぐ流れて行ってしまうので、自分のブログやツイッターで宣伝するなど頑張ってください。

LINEスタンプには沢山の種類があり、イラストだけのものもあれば、イラストにコメントが付いているものまであります。文章を打つのが面倒くさい時でもコメント付きのスタンプで返事をすることができたりします。

え、知らなかったの!?トロフィー授与の豆知識

大昔からの習慣だった!

トロフィーの授与は大昔からの習慣なんです。トロフィーはギリシャ語で「戦利品」を意味する「Tropain」が語源と言われています。みなさんもアニメや漫画等で見たことがあるのではないでしょうか、壁に飾られた動物たちのはく製や廊下に並べられた甲冑の数々を!あれが昔のトロフィーなのです。戦いの戦利品をどうしても飾りたくなってしまうそんな感じ気持ちを解決してくれるトロフィーたちの授与は今も昔も功績と称えられるのです。

トロフィーのデザイン

トロフィーには様々なデザインがありますよね?その代表例三つを紹介したいと思います。一つ目は「4本柱トロフィー」本体が4本の金属の柱でできていて上に飾られるトロフィー人形は鷲や女神などが多いですね。二つ目は「1本柱トロフィー」これは本体が一本の柱からできていて装飾を施されていたり、文字が彫ってあったりデザインは様々です。三つめは「クリスタルトロフィー」全体的に透明で透き通ったガラスが美しいものですね。中に透かしの模様や文字が入っていることが多いでしょう。

自然な受け取り方をしよう

表彰状を受けとるときも同じですが、自然な動作で受け取るのが最も美しいと言われています。ギグシャクした受け取り方が許されるのは中学生まで!大人になってまでがちがちに緊張しロボットのような動きをしていませんか。企業内での表彰など大人になってからでも表彰される機会はたくさんありますよね?そんな時は今までの自分の頑張りを思い返してみましょう。「このトロフィーは自分がふさわしい!」気持ちになればあとは勢いに任せるだけ!

トロフィーのプレートには大会名や、順位、日付などが入れられ優勝者などに渡されます。プレートは台の部分に付けられることが多いです。